「介護医療保険料控除」

 

 

 

 

 

 

 

 


制度改正で保険料控除の上限が拡大しました

2010年の税制改正により、生命保険料控除は従来の「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」に加えて「介護医療保険料控除」が創設されました。新しく対象となる保険は、2012年1月1日以降に締結した「医療保険」「がん保険」「介護保険」。今まで、生命保険とは別に医療保険や介護保険に加入していても控除の対象にならなかった保険料が控除の対象となりました。
2012年以降に新たに保険に加入した方は、従来と比べて保険料控除の金額が変わるケースが出てくることになりますので、一度チェックをしてみましょう。

控除の適用限度額は、住民税は12万円
「介護医療保険料控除」が導入されたことにより、控除の上限額は、所得税は3,5万円から2,8万円に減ってしまいましたが、控除の種類が3種に増えたため、合計の適用限度額は12万円に増えました(改正前は10万円)。但し、住民税に関しては、2,8万円×3種類=8,4万円にはならず、上限は7万円のままで従来通りとなっています。

■新契約(平成24年1月1日以後に締結した保険契約等)に基づく場合の控除額

Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL