「介護マーク」の普及について

 介護する方が周囲から偏見や誤解を受けることがないよう、静岡県において「介護マーク」を策定し、周知するとともに、平成23年4月から県内で配布する取組が行われています。
認知症の方の介護は、他の人から見ると介護をしていることがわかりにくいため、誤解や偏見を持たれることがあります。親族などが介護中であることを周囲に知ってもらうことで、介護者の心理的負担を軽減し、介護者や患者が安心して生活が送れるようにするのが狙いです。

静岡県ではこのマークを「縦69mm×横97mm」の紙へ印刷し、首からかけられるようケースにいれています。

Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL