「介護マーク」を貸し出します(川越市)

「介護マーク」を貸し出します(川越市)

川越市は、「介護中マーク」の貸し出しを開始しました。認知症の方は、他の人から見ると介護をしていることがわかりにくいため、誤解や偏見を持たれることがあります。介護中であることを周囲に理解していただき、介護する方もされる方も安心して生活がおくれるようにするのが狙い。

 

【介護マークの使用例】 認知症の方の介護は、周囲からはわかりにくいです。
例えば
・トイレに付き添って入るとき
・男性介護者が女性用の下着を購入するとき
・男性介護者が医療機関で婦人科等の診察室に付き添うとき 等 「介護マーク」を身に付けることで、周囲から介護中であることを理解してもらうことができます。
【対象者】 市内に住所を有する、認知症高齢者等(65歳以上の方、もしくは40歳~64歳で介護保険の認定を受けている方)を介護している方。 ※上記以外で、貸し出しの希望がある場合には、高齢者いきがい課にお尋ねください。
【方法】 「介護マーク」を申請する際は、申請者の身分がわかるもの(運転免許証、医療保険証など)を提示したうえで、申請書を提出していただきます。申請受付場所は、市内に9ヵ所ある地域包括支援センターです。申請後、その場で貸し出します。

※申請する場合は、事前にお住まいの地区を担当する地域包括支援センターへの連絡が必要になります。

【返却・紛失について】 介護を受けている方が市外に転出したり施設に入所した時など、使用の必要がなくなった場合は「介護マーク」を返却してください。 また、紛失された場合は、届け出が必要となります。再発行も可能です。
【費用について】 「介護マーク」の貸し出し及び再発行に関する費用は、無料です。
【開始時期】 平成24年6月1日(金)から貸し出しを開始します。

-お問い合わせ-
福祉部 高齢者いきがい課 地域包括担当
Tel 049-224-5809(直通)/049-224-8811(内線2554・2556)
Fax 049-229-4382
E-mail zaitakukaigo@city.kawagoe.saitama.jp

Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL