介護保険のワンポイント後悔しない施設選び

①施設の種類を決めよう
 ひとくちに施設と言ってもその種類はさまざま。まずは施設の種類を確認し、どの種類の施設にするかを決めましょう。
例えば・・・認知症がある方なら「グループホーム」。リハビリを中心に行いたいなら「老人保健施設」。今は介護が必要ないけれど、将来が不安であれば「住宅型有料老人ホーム」といった具合に、大まかな種類を絞ることがポイント!
どうすれば良いのか解らない場合には、地域包括支援センター、ケアマネジャーに、入院中の場合は、相談員等に相談してみましょう。

②施設のパンフレットを取り寄せよう
 情報誌やインターネットを見て、気になる施設のパンフレットを取り寄せましょう。
立地条件やおおまかな費用、外観の雰囲気、経営母体などをパンフレッドでチェック!

③比較して、じっくり検討
 取り寄せたパンフレットで、ホームの雰囲気や内容を確認!見比べることでそれぞれの施設の特徴が見えてくるはず。
親の入居先をきめるのであれば、面会や通院のことも考慮しましょう。
定期的な通院に関しては、「家族」が行う施設がほとんどです。定期的な通院が必要な方の入居を検討しているのであれば、自宅から近いところが何かと便利で家族の負担の軽減にもなります。
立地条件、費用なども考慮して数件に絞り込みましょう。

④必ず見学しよう
実際に出かけてみて、施設内を見学。リビングや居室はもちろん、トイレや廊下などの整理整頓が行き届いてるかもチェック!スタッフの接遇、入居者との関係や施設全体の雰囲気の確認も忘れずに。じっくりと詳しい内容まで確認したいのであれば、事前に予約してから見学することをおすすめします。
入居者と同じ食事を試食できる施設もあるので、見学の際に試食してみては?ただし、事前に予約が必要となるため、見学申し込み時に確認して下さい。
また、あとで、「知らなかった」なんてことにならないように、1ヶ月に必要な金額の詳細を確認することも忘れずに。

⑤じっくり検討
 入居時にかかる費用、月額の利用料、介護保険の1割負担金のほかに、往診や口腔ケアなどがある場合には、健康保険の自己負担金も必要です。
また、月々の費用のほかに、介護サービス、医療体制なども含めて家族でじっくりと相談して下さい。
入院と異なり施設への入居は長いお付き合いになるはず。じっくり検討することが大事です。

⑥申し込み
入居に際し、入居審査があります。審査に必要な書類をそろえましょう。
入居審査には健康診断書が必要になります。急いで入居を考えている方は、早めに手配しましょう。

⑦契約
重要事項説明書をよく読んで、疑問があったら必ず確認。納得したうえで契約を。

⑧入居
現在服薬中のお薬や、身の回りのものなど、入居前に揃えておかなければならないものがあります。


地域密着型サービスに新しいサービスが追加されます!
○定期巡回・随時対応型訪問介護看護
訪問介護員が定期的な巡回または、随時通報により利用者宅を訪問し、入浴、排せつ、食事等の介護、日常生活上の緊急時の対応。その他、安心してその居宅において生活を送ることができるようにするための援助を行います。また、必要に応じて看護師も訪問します。
○複合型サービス
訪問看護及び小規模多機能型居宅介護を組み合わせたサービスで、利用者の病状、心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえて、通いサービス、訪問サービス及び宿泊サービスを柔軟に組み合わせることにより、療養上の管理の下で行われるサービスです。

主な各サービスの改正のポイント
居宅サービス
○訪問介護
・身体介護の時間区分について、新たに20分未満の時間区分ができます。
・生活援助では20分以上45分未満の時間区分ができます
○通所介護
・最大12時間までの延長の時間区分ができます。
・サービスの提供時間が変更されます
○特定施設入居者生活介護
・看取りの介護ができるようになります
○福祉用具貸与、特定福祉用具販売
・福祉用具貸与費の対象として、「自動排泄処理装置」が追加されます。
主な各サービスの改正のポイント
地域密着型サービス
○認知症対応型通所介護
・時間区分が変更されます

 以上、主なものをご紹介しました。サービス費用等はケアマネジャー、もしくはお住まいの介護保険申請窓口にお尋ね下さい。



Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL