中高年に大人気、ノルディックウォーキング

2本のポールを使うことで、運動の効果がUPする

 連日36度を超す猛暑も少し収まり、朝晩は涼しさを感じる季節となりました。

この夏、あまりの暑さに外出を控えていたため、運動不足ぎみの方も多いのではないでしょうか。

 もう少しで最も過ごしやすい季節を迎えます、しっかり歩いて夏の運動不足を解消しましょう。

 そこで、今回は、普通のウォーキングよりエネルギー消費量が約20%も増すと言われている「ノルディックウォーキング」をご紹介します。

 ノルディックウォーキングは、別名「ストックウォーキング」「ポールウォーキング」とも呼ばれています。

 今から80年ほど前に、クロスカントリースキーを行っているチームが夏場の体力維持・強化のトレーニングとしておこなっていたスポーツが始まりです。その後、ポールを使った簡単な歩行運動としてフィンランドで発表され、今では、誰にでも簡単にできる歩行運動として、ヨーロッパを中心に人気が高まってきています。

 ノルディックウォーキングは、2本のポールを使うことで下半身だけでなく、上半身の全身の筋肉も刺激します。そのため、普通のウォーキングに比べてエネルギー量が約20%も増加すると言われています。

ノルディックウォーキングの効果と特徴

 では、どんな効果があるのでしょうか。

 2本のポールを使って歩くことは、上半身の筋肉を使います。そのため全身の血液循環が良くなります。特に、首や肩周りの血行を促すため、肩や首のコリに悩んでいる方にはおすすめです。

 ウォーキングと同様、有酸素運動ですから、心肺機能が強化され生活習慣病の予防に役立ちます。そして、広い歩幅で歩くことにより、腰の上下運動が大きくなるので、エネルギー消費量がアップし、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防と改善効果、ダイエットにも効果が期待できます。

 両手にポールを持つということは、歩行時には3点支持、4足歩行となりますので、腰、膝、足首や関節等にかかる負担が大きく軽減でき、体感的にも楽に感じます。長時間歩くと膝や腰が痛くなる方にも適しています(症状は人によって異なります。膝や腰に痛みを感じる方は、念のため医師に相談して下さい)。

まずは、自分にあったポールを選びましょう

 まずは、ノルディックウォーキングに必要なポールをご紹介しましょう。ポールには初心者向けのものと、スポーツ向けのものと大きく2つに分かれます。

 初心者向けのものは、ポールウォーキング用ポールと呼ばれていて、グリップが歩調にリズムを生みだしやすいように、カーブが付いています。地面に設置する先端の部分は設置面積が広く、使いやすい構造になっています(メーカーによって様々なタイプがあります。専門家にご相談の上購入することをおすすめします)。

 杖の感覚で使えるため、高齢の方にも使いやすく、応用範囲が広いのが特徴です。軽い登山やトレッキングの際にも利用できます。

 一方、スポーツ向けのポールは、ノルディックウォーキング用ポールと呼ばれていて、比較的体力がある方で、スポーツ歩行に適したポールです。グリップが固定できて腕の振りをフォローします。先端のゴムが逆V字(前方が斜めにカットされている)になっていてしっかり地面をとらえるため、自然に体が前へ押し出されるように設計されていますので、大股で早く歩きたい方におすすめです。

 一般的に、ポールの長さは「身長×0・68」と言われていますが、人により適した長さは異なりますので、目安として参考にして下さい。どのポールも、長さの調整は可能ですので、自分が歩くときに使いやすい長さに調整して下さい。はじめは短めにして、慣れてきたら長めに調整しましょう。適正な長さのポールを持つことにより背筋が伸びて、歩幅が広がり理想的なウォーキングフォームを身につけることができます。

まずは、ポールを持って歩くことに慣れましょう

 まずは、ポールを意識しないように、ストラップを手首にひっかけて、ポールを握らずに、手を振って歩いてポールのある感覚をつかみます。

 次に、ストラップをしっかり固定してスタートです。まずは、2本杖を持って普段と同じに歩いて下さい。少し慣れたら、

●ポールは地面を押す感じで垂直につき、腕をまっすぐに前に出して歩きます。

●出来るだけ腕は前に出し、視線は遠くを見るようにします。

●歩幅は広く、背筋を伸ばす。

 普段のウォーキングよりも歩幅を広くすることが大切です。腕を胸の高さぐらいまで大きく振ると、自然に歩幅が広くなります。広い歩幅で歩く時には、ポールを

かかと付近につくと歩きやすくなります。

 ノルディックウォーキングは、「ポールを持って歩く」だけです。ポールさえ手にすれば、誰でも始めることができます。

 ただし、ノルディックウォーキングを始める時は、専門知識を持ったインストラクターによる指導や講習を受け、正しい歩き方や注意する点を知った上で始めることをおすすめします。

 一般社団法人ノルディック・ウォーキング連盟

http://www.nordic-walk.or.jp/ TEL06・6344・2277)

NPO法人日本ノルディックウォーキング協会

http://www.jnwa.org/ TEL03・6861・3605)

では、各地で体験会などを開催しています。

Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL