成人の3人に1人が患う痔は高齢になるほど多くなる

座りっぱなしの姿勢が痔を招くこともあるく
日本では成人の3人に1人が罹っていると言われるほど、痔は非常に一般的な病気です。しかも、加齢に伴って腸内環境が乱れたり、肛門のまわりの組織が弱くなるなど、痔を招く条件が増えるため、高齢になるほど患者数も増えてきます。排便時に痛みがあるのは辛いものですが、出血しても痛みがない痔もあり、実はこちらの方が問題です。また多少の出血だけならそのうち治るだろうと放置されがちで、別の怖い病気が隠れていても治療が遅れるためです。
 肛門は直腸とつながった構造をしており、肛門の少し奥で直腸との境目に歯状線と呼ばれる凸凹した部分があります。また、肛門内部と出口付近には、毛細血管が集中した静脈叢と呼ばれる部分があり、便が通過する際のクッションの役割を果たしています。そして、歯状線より下、出口付近にある静脈叢には痛みを感じる神経が通っていますが、歯状線より上の静脈叢には神経は通っていません。そのため、歯状線より上に痔ができると、出血はしても痛みを感じないのです。
 痔の一番の原因となるのが、排便のときの強いいきみです。他にも、重いものを持ち上げたりゴルフなどのスポーツをするときのいきみ、辛い食べ物やアルコールといった刺激物を摂りすぎることも、肛門の負担となって痔を招きます。体を動かさず1日中座りっぱなしでいるなど同じ姿勢を続けることで、肛門のまわりの血流が悪くなり、痔のリスクが高まることもあります。

便器が真っ赤になるほどの出血は肛門の奥にできるいぼ痔を疑うく
 痔は、大きく3種類に分けることができます。静脈叢の血管の一部にいぼのような膨らみができる「いぼ痔(痔核)」、歯状線より下の皮膚が切れたり裂けたりする「きれ痔(裂肛)」、そして肛門に膿が流れるトンネルができる「あな痔(痔瘻)」です。
 痔の中でももっとも多いのがいぼ痔で、いぼができる部位によって外痔核と内痔核の2つに分けられます。歯状線より下にできるものが外痔核で、排便時に強くいきむことで静脈叢が内出血を起こしたり、血栓ができるなどします。いぼの大きさはまちまちですが、おおよそ小指の先ほどで、出血の量は少ないものの、痛みが非常に強いという特徴があります。肛門から飛び出すようにでき、入浴のときなどに触れるだけでも痛みを伴います。
 一方、歯状線よりも上にできる内痔核は、肛門の中にあるので通常は外からは見えず、痛みも伴いません。できる仕組みは外痔核と同様に排便のいきみによるもので、うっ血と腫れを繰り返しながら徐々に大きくなります。そして、排便時にこれが破裂すると、鮮血が大量に出てきます。突然、便器が真っ赤に染まるほどの出血を起こすため、何か大変な病気かと驚いてしまいますが、このような症状が現れた時はまず、内痔核出血が疑われます。
 きれ痔の原因は、便の状態が関係します。便秘による非常に硬い便や、激しい下痢で勢いよく便が通過するなど、物理的な力によって肛門付近に傷がついて起こります。本来、肛門の皮膚は非常に柔軟ですが、高齢になって皮膚が弱くなったり、便秘や下痢が長引くなどして肛門の周囲に慢性的な炎症が起きていると、排便時に切れやすくなります。
 きれ痔は、とくに若い女性に多いと言われています。これは、ダイエットによる食事制限で、便の量が減り、腸が刺激されずに便秘になりやすいためです。そして高齢者の場合も、食事の量が減ることで便秘になりやすいため、きれ痔のリスクが高いと言えます。本来、きれ痔は排便時のアクシデントで起こるものなので、清潔を保つことにより数日で治ります。しかし、便秘や下痢が解消されず、排便のたびに切れるような状態が続くと、肛門の括約筋にまで傷が達し、肛門潰瘍になる恐れもあります。

痔瘻の予防は免疫力の強化が鍵となるく
 痔瘻は、歯状線の部分にある小さな穴に大腸菌が入り込み、化膿して膿がたまることが原因で起こります。まず、肛門周囲
膿瘍と呼ばれる状態となり、肛門周囲が腫れたり、痛みを生じたりします。膿は自然に排出されることもあれば、手術して取
り除かなければならないこともあります。肛門周囲膿瘍の後には、膿の通り道であるトンネルが残され、これが痔瘻となります。一度トンネルができると、そこに大腸菌が入り込みやすくなり、再び肛門周囲膿瘍が現れ、トンネルが2本、3本と枝分かれして広がっていきます。こうなると、肛門括約筋へのダメージも大きくなり、多くの場合で手術が必要になります。
 痔瘻は軟便がちな男性に多いと言われていますが、高齢者にも起こる痔です。また、いぼ痔やきれ痔とは異なり、予防は難しいとも言われていますが、免疫力を整えておき、大腸菌の感染に負けない体を作っておくことは大切です。食物繊維を多く含んだ野菜や海草類を献立に取り入れること、乳酸菌を摂る機会を増やすこと、軽いウォーキングやストレッチ体操などを日課にすることなどは、免疫力を整えるためにもよい他、便秘を解消していぼ痔やきれ痔の予防と解消にも役立ちます。

直腸がんでも痔と似た症状が表れるく
 排便やお尻の状態をチェックしておくことは、痔以外の怖い病気の早期発見にもつながります。
 たとえば、排便時に出血があり、便にもすじ状の血液が付着していた場合、直腸がんが隠れていることがあります。痛みを伴うことがないため、内痔核と思い込み、治療が遅れることも少なくありません。便が細くなる、1日に何度も便意を感じる、腹部の膨満感などの自覚症状もありますが、これらはがんがある程度進行してから現れるため、排便時の痛みのない出血には要注意です。
 高齢者に多く見られるのが直腸脱です。肛門から直腸が脱出する状態のことで、外痔核と間違われやすいのですが痛みはなく、下着が血液や粘液で汚れるのが特徴です。進行すると、肛門括約筋が弛んでしまうこともあるため、早めの治療が必要です。他にも、大腸ポリープや潰瘍性大腸炎、大腸壁が弱くなって粘膜が腸壁の外に袋状に脱出する大腸憩室症なども、排便時の出血を伴います。
 一般的な痔でも、痛みを避けたいために便意を我慢していると、腸内環境が悪化して思わぬ不調となる可能性もあります。自己判断で痔だと決めつけず、まずは肛門科などで症状をチェックしてもらうことをおすすめします。

Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL