認知症の前段階?「軽度認知障害(MCI)」


認知症高齢者は約462万人。軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人。65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍?
厚生労働省の研究班がまとめた調査結果では、65歳以上の高齢者のうち認知症の人は約462万人(2012年度)。65歳以上の高齢者約3,079万人の15%にあたります。また、認知症を発症する前段階とみられる経度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されました。

認知症の有病率を年代別にみると、74歳までは10%以下ですが、85歳以上では40%を超えて、ほとんどの年代で女性の方が高くなっています。また、認知症を種類別にみると、アルツハイマー型の認知症が全体の67.6%と最も多く、次いで、脳梗塞などが原因となって起こる脳血管性認知症が19.5%、レビー小体型認知症が4.3%と報告されています。※認知症とは、病気などが原因で脳の細胞が死んだり働きが悪くなったりして、記憶や注意力、判断力といった認知機能が低下し、生活に支障が出ている状態。

認知症でもないけれど、正常でもない状態が軽度認知障害(MCI)
軽度認知障害(MCI)とは、「認知症でとは言えないけれど、正常でもない状態」のことを言います。もの忘れは本人が自覚するだけでなく、家族など周囲の人が「以前より忘れっぽくなった」と指摘する程度のものです。

例えば、同じことを何度も言う。この間あった人に「久しぶり」と言う。同じものを何度も買う。物を何処に置いたか忘れるなど・・・。一見、「老化に伴うもの忘れ」よりも記憶障害が進んでいる状態です。しかし、もの忘れなどの記憶障害はあっても、日常生活に支障はありません。

「健忘型」と「非健忘型」の2つのタイプがあります。早めに受診し対策をとることが大切
軽度認知障害(MCI)には、「健忘型」と「非健忘型」と2つのタイプがあります。「健忘型」は記憶障害がみられ、「非健忘型」は、記憶障害ではなく、失語や失行などの症状が多く見られます。
軽度認知症害(MCI)の多くは「健忘型」で、アルツハイマー病に進行することが多く、6年間で約80%がアルツハイマー病に進行したという報告もあります。また、「非健忘型」は、前頭側頭型認知症やレビー小体型認知症に進行することが多いと言われています。どちらの型も全てが認知症に進行するとは限らないようですが、「画面検査などで、特徴的な脳の機能低下が認められた場合」「脳血流SPECTで血流が低下している部位がある」「脳脊髄液検査で異常が見つかる」などの場合、今後、進行する可能性が高いとされていますので、この段階で、進行の可能性を見極め、進行を抑える治療を始めることが大切だとされています。最近では、軽度認知症害(MCI)の段階で、早めに薬を処方するもとも欧米では一般的になってきています。アルツハイマー病に見られる脳の血流低下が見られた場合、この段階で治療を始めることで、進行を抑制する期間が長くなるこも言われています。軽度認知症害(MCI)の検査は、通常の認知症の検査とほぼ同じです。長谷川式簡易認知症スケールのほか、認知機能と日常生活機能を本人や家族から、聞き取りをしながら判断していきます。また、必要に応じて
●MRI(磁気共鳴画像検査)
●CT検査(コンピューター断層撮影)
●SPECT(脳血流シンチ)
●PET検査(放射性薬剤を注射して脳内の機能を画像化)
などの検査を行います。
一方で、軽度認知症が(MCI)と診断された人の約4割が、数年後に正常な認知機能に回復したという国際的な研究報告もありますので、「気になるもの忘れ」があれば、早めに「もの忘れ外来」などを受診し、軽度認知症害(MCI)の可能性を含めた診断を受けましょう。(MCIは注目されている考え方ですが、まだ少なくとも日本では確率された考え方ではなく診断基準も明瞭ではありません。まだ現状では雑多な病気の集まりと考えられています。)

10分間の質問で軽度認知症害(MCI)を検査
「加齢に伴うもの忘れ」と「経度認知症害(MCI)」を電話による10分程度の質問だけで判別する有料サービスがあります。この検査は、米国国立老化研究所が推薦する国際的な認知症診断基準CERADバッテリー10word recallを基に、米国のMedical Care Corporation社が研究・開発したアルゴリズムに基づき提供される専門家以外でも行える認知症の前段階である経度認知症害(MCI)の早期発見のためのツールです。検査に要する時間は約10分。オペレーターが読み上げる単語を復唱しながら記憶し、思い出して回答するテストや、動物の名前が読み上げられた後、もっとも仲間はずれの動物名を答えていくテストなどから構成されています。結果は、評価レポートとして、総合評価と伴に人口統計学上算出される認知機能指数(MPI)が表示され、本人宛に郵送で届けられます。また、万一の時に備え、お住まいの近隣医療機関情報も掲載されています。検査にかかる費用は、3,675円(税込)。事前にカードを購入し、カードに記載されている番号に電話をすることで受けることができます。ただし、この検査は、認知機能の一般的な評価を提供するもので、病状、病気の診断を目的に作られたものではありません。「気になるもの忘れ」や「不安」を感じられたらまずは近隣のお医者さんへ相談して下さい。

〇あたまの健康チェック
http://www.millennia-corporation.jp/ninchi/test.html (03-5695-3028)

Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL