健康診断でも見つけにくいかくれ糖尿病


空腹時の血糖値が正常でも、食後の血糖値が200以上となる状態
糖尿病は、食事によって血液中に増加した糖質(血糖)を調節するインスリンというホルモンが不足したり、作用が不十分なために血中の糖分が体内に吸収されにくくなることで常に血糖が高い状態になっていいる病気です。
初期のころは、まったくと言っていいほど自覚症状はありません。しかし血糖値が徐々に上昇してくろと、全身の倦怠感、頻尿、尿の量が増える、体重が減少する、口渇などの症状が出現します。また、脳卒中、心筋梗塞、足の動脈硬化症による壊疽、腎不全などの合併症による症状も出てきます。
かくれ糖尿病とは、空腹時の血糖値は正常でも、食後に基準(200mg/dl)を超えて高血糖になってしまう状態のことです。糖尿病の初期の段階と同じく、特に自覚症状はありません。食後に血糖値が大幅に上昇しても空腹時には正常値に戻るため、健康診断で見つけることができないのです。しかし、かくれ糖尿病を放置しておくと、いつのまにか重度の糖尿病に進行してしまう可能性もあります。

糖尿病で怖いのは合併症
糖尿病は合併症の病気といわれているように、糖尿病コントロールの主目的は合併症発症予防と進展の抑制となります。そのため、合併症について正しく理解することが不可欠です。
糖尿病による三大合併症は、目の病気(糖尿病性網膜症)、糖尿病による手足のしびれなどの抹消神経の病気(糖尿病性神経障害)です。
〇糖尿病性網膜症
目の網膜に起きる障害です。網膜に張りめぐらされている細かい血管(細小血管)が、高血糖のため疲れやすい状態になり、初期のころは、小さな出血や白斑と呼ばれる病変が少数認められます。進行すると、病変の数が増え、比較的大きな出血も出現します。自覚症状が無い場合が多いのですが、放置すれば、視力の低下や最悪の場合は失明に至ります。糖尿病の発病から約10年で患者の半数がかかるといわれています。
〇糖尿病性腎症
腎臓の血管が高血糖のためうまく機能しなくなり、老廃物を十分に濾過できなくなるために起こります。糖尿病性腎症が末期まで進行して尿毒症の状態になると、人工的に老廃物や不要物を血液中から取り出す治療(人工透析)が必要になります。現在、新たに人工透析を導入される原因の第一位が糖尿病です。
〇糖尿病性神経障害
高血糖状態のために末梢神経が侵されて現れるもので、最も典型的な初期症状は、両足の裏のしびれです。時間とともに、両手指も先端からしびれ始め、ひどくなると殆ど痛みを感じなくなり、足をけがしていても気づかなくなる場合もあります。足が腐って切断しなければならなくなる糖尿病壊疽の多くは、足にできた傷から始まります。
このほかに、「感覚が鈍くなる」「下痢や便秘を繰り返す」「立ちくらみ」「発刊異常」「インポテンツ」といった症状が現れます。

隠れ糖尿病は自宅でも発見できる
それでは、健康診断では見つかりにくいかくれ糖尿病をチェックするためには、どうすればよういのでしょうか。かくれ糖尿病は、空腹時には血糖値が低いのが特徴ですので、普段通りの食事をしっかり摂った状態で採血検査を受けてみましょう。また、健診で測った空腹時の血糖値(100~109mg/dl)とヘモグロビンA1C(HbA1c)の値をチェックする方法もあります。ヘモグロビンA1c(HbA1c)の値が高ければ高いほどたくさんのブドウ糖が余分に血液中にあったということが解ります。正常な人であれば、5.8%(NGSP値6.2%)以下とされていますので、それ以上の数値の場合、高血糖状態が続いていた、ということになります。
家庭でも簡単にチェックできる方法は2種類あり、血糖チェックは、専用の血糖測定器を使い、病院での検査と同様に採血を行うものです。専用の針をつかって指先を刺して血液を出し、採取した血液を測定器のセンサー部分につけると、画面に血糖値が表示されるもので、薬局等で購入することができます。
もうひとつの、尿糖チェックは、食後に尿を試験紙にかけるだけで判定できる方法で、夕食後2時間を目安に行います。かくれ糖尿病は、心臓・血管系疾患による死亡リスクの相関性が観察されています。チェックでかくれ糖尿病であると分かった人は、すぐに専門医に相談しましょう。

食後の血糖値を上げないために
血糖値の改善には、カロリーを取りすぎないことですが、食後の高血糖を予防するには、よく噛んでゆっくり食べることが大切です。早食いはインスリンの働きが間に合わず、血糖値が上昇しやすくなります。ゆっくり良く噛むと、腸からインスリン分泌を促すホルモンが出やすくなるため、血糖値もゆっくり上昇します。また、野菜やキノコ、海草などから先に食べるようにしましょう。食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑えるので、食後の血糖値の上昇のみならず中性脂肪やコレステロール値を抑えることにもつながります。
うどんにご飯、パスタにパンなど糖質を2種一度に食べないようにし、バランスのよい食生活を心がけましょう。食後すぐに甘いデザートを食べるのは、血糖値の上昇につながります。
食後の運動も大切ですが、食後の血糖値を上げないためには、運動を始める時間帯も重要です。食後30分~1時間は血糖値がもっとも上がる時間帯なのので、この時間帯に運動を始めると効果的と言われています。毎日、約20分程度、食後の運動を習慣づけてみましょう。

Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL