高齢者によく見られる症状 手足のしびれ

 

しびれの部位によって考えられる原因
手足のしびれは、頭痛、めまいとともによく見られる症状です。若い方よりも中高年に多く、自然と治ってしまうものから、長年続くものまであります。しびれは、脳や脊髄といった中枢神経や脊髄から枝分かれする抹消神経のどこかに原因があっておこりますが、
〇神経障害によるもの
〇血流障害によるもの
〇運動麻痺によるもの
に区別され、しびれの場所や起き方で原因となる場所や疾患を絞り込むことができます。

手のしびれ(片手)
手のしびれは、片方の手に起こることが多いのですが、両手に起こる場合もあります。片方のしびれの場合、左記のような疾患が考えられます。
■頚腕症候群
頭痛やひどいこり、首痛、手のしびれ、慢性の疼痛、背筋痛などが症状として現れます。主にパソコンの操作する時間が多い方に、このような症状に悩む人が増えています。パソコンに限らず、手や腕を酷使する職業や趣味を持つ人にもみられます。
■胸郭出口症候群
つり革につかまる時や、物を干す時のように腕を挙げる動作でしびれや肩や腕、肩周囲に痛みが生じます。また、手の小指側に沿ってうずくような痛み、しびれ、ビリビリ感などの感覚障害が現れます。第一肋骨と鎖骨との間にできるすき間(胸郭出口)が狭い人は、その部分の神経や血管が圧迫されるために症状が出やすく、なで肩の女性に多いと言われています。
■頸椎椎間板ヘルニア・変形性頸椎症
首を後ろや横に倒したときに、腕に痛みやしびれが走るという症状が出る場合には、頸椎椎間板ヘルニアかもしれません。頚部痛、手の痺れや痛み、握力の低下、巧緻運動障害などが現れます。脊髄は脊髄推推体骨の間でクッションの役目をしているのが椎間板です。その椎間板が後ろに飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。
加齢により脊髄が変形し神経の通る場所が狭くなって症状が出てくるのが、変形性頸椎症で、高齢者に多く見られます。
■抹消神経障害
小指を除く手の指先のしびれが起こります。手根管症候群といわれるもので、手首の部分で正中神経が圧迫されて起こるもので、女性に多く見られます。徐々に運動神経が阻害され、症状が進むとボタンをかけにくいなど、手先の動作が困難になります。

足のしびれ(片足)
手と同様、片方の足に起こります。原因としては左記のような疾病が考えられます。腰の疾患が原因で起こるしびれや痛みは座骨神経痛として知られています。
■腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア
頸椎椎間板ヘルニア同様、椎間板が神経根を圧迫するようになると下肢のしびれや痛みを引き起こしてきます。
■腰部脊柱管狭窄
腰部の脊柱管が、何らかの原因で狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって腰痛やしびれ起こします。50歳代から70歳代までの方々に、多く発症する傾向にあります。
■下肢閉塞性動脈硬化
足に血液を運ぶ血管がつまり、血液不足に陥った部分が痛んだり、しびれたり、冷えたりという症状が現れます。
手足を含む体の半分にしびれがある場合は、脳や脊髄の疾患が原因も考えられます。急にしびれが起こった場合んどは、脳梗塞や脳出血なども考えられますので、早急に受信して下さい。

高齢者に多いしびれの原因は腰部脊柱管狭窄、下肢閉塞性動脈硬化
「歩くとしびれや痛み出て、休みながらでしか歩けない」そんな症状はありませんか?これは、間欠性跛行という歩行障害の症状で、歩行や運動時に痛みやしびれが起きるものの、立ち止まるとその痛みは消失します。高齢化に伴い、間欠性跛行を訴える方が増えていますが、間欠跛行をきたす主な疾患は、腰部脊柱管狭窄と下肢閉塞性動脈硬化です。前述したのように、腰部脊柱管狭窄は、背骨の中の神経の通り道である脊柱管が狭くなったために、神経が圧迫されて腰や下肢にも痛みやしびれが起こる疾患です。下肢閉塞性動脈硬化は、動脈硬化などにより下肢(足)動脈が細くなる、詰まりなどにより、血流障害がおこることで、痛みやしびれが起こる疾患です。

間欠性跛行の具体的な症状
少しの距離を歩くのに何度も休む、家族や友人の歩くスピードについていけない、立って家事をするとふくろはぎg痛くなるなどがあてはまります。
下肢閉塞性動脈硬化も、腰部脊柱管狭窄も、歩行が辛くなるという症状は同じですが、痛みが消える動作が異なります。下肢閉塞性動脈硬化の場合、歩くのをやめれば症状はよくなります。しかし、腰部脊柱管狭窄症の場合は、腰が後屈することで狭窄が悪化するため、立って休んでいても足の痛みやしびれはあまりとれません。姿勢を前かがみにできるベンチに腰掛けたり、しゃがみ込んだりして休んでいると痛みが治ります。
よく、「歩くと辛いけれど、自転車なら大丈夫」という高齢者の方がいますが、腰がやや前かがみとなる自転車では、いくらと乗っても下肢の症状は出ない場合が多いので、移動の手段としては楽なのです。
間欠性跛行は、腰部脊柱管狭窄と閉塞性動脈硬化がオーバーラップしているケースも少なくありません。閉塞性動脈硬化はひどくなると、動脈硬化により血液が届きにくになった足先に潰瘍ができたり、さらにひどくなると足先への血流が全く流れなくなり、足先が壊疽することもあり、最悪の場合、足を切断しなくてはならなくなる場合もあります。ほかにも、糖尿病で神経障害を起こしているような場合も間欠性跛行がでてきますが、安静時にもしびれるのが特徴です。腰部脊柱管狭窄と思われる方は整形外科を、下肢閉塞性動脈硬化と思われる方は心臓(血管)外科を受診してみたはいかがでしょうか。

Copyright © 2016 ういず安心なび All rights reserved.

SSL